1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. T-PEZY、「EXA KIDS 2021 ITキッズコンテスト」のエントリー受付を開始

2021年9月2日

T-PEZY、「EXA KIDS 2021 ITキッズコンテスト」のエントリー受付を開始

T-PEZYは、「EXA KIDS 2021 ITキッズコンテスト」のエントリー受付を1日から開始した。


エントリー受付期間は9月1日~10月3日。使用ツールや作品の種類は何でもアリ。また、エントリー時は作品が未完成でも構わないという。

同コンテストは、小中学生がITを活用して作ったオリジナル作品をプレゼンし、優秀者を表彰するコンテスト。応募作品はプログラミング作品だけでなく、ITを活用したものづくりなら何でもアリだという。使用言語やプラットフォーム、ツールは限定しない。

コンテストテーマは、「自分_」。自分の好きなもの。自分が作ったもの。自分だってできること。自分だからわかること。自分にはわからないこと。自分だけが信じていること。「自分」のあとに何か言葉を続けるとき、そこには自然と他者(自分ではないもの)の存在が想定されている。それは自分と他者とを分けることだが、同時に他者について考えることでもある。”あなたのITキッズコンテスト2021のテーマ”は、一人ひとり違う。「自分_」の「_」の部分を想像して、あなたのテーマとしてほしいという。

コンテスト概要

参加対象:
・11月28日の時点で小学1年生〜中学3年生または同等の学年・年齢であること(グループ制作の場合はグループ全員がこの条件を満たすこと)
・一次審査オーディションと最終プレゼンにStreamYard(カメラ・マイク使用)で参加可能であること ※時間は多少変更となる可能性がある
・最終審査会まで参加する意思があること
コース:
・チャレンジコース(小学生目安)
・エキスパートコース(中学生目安) ※対象年齢は目安。
応募作品:
・IT技術を使用したオリジナルの作品
・エントリー時は未完成でもOK
・過去に他コンテスト含め受賞歴のある作品は応募不可
・一部または不特定の人の感情を著しく害する懸念のあるものは不可
使用ツール:ITを活用していれば何でもアリ。
(過去応募作品事例)Scratchで作ったゲーム/Unityで作ったゲーム/3Dプリンターや電子工作を活用したロボット/DTMでの楽曲制作/ゆっくりムービーメーカーで作った映像
Minecraftで作ったワールド/Blenderで作った3DCG/Robloxで作ったゲーム/micro:bitを使用したセンサー/Discordのbot/画像認識を活用したアプリ/コーディングしたWebサイト
応募方法:
・公式サイト上の応募フォームから送信
・代理入力可(プログラミング教室など)
・作品が複数ある場合はそれぞれ1作品ずつ、複数エントリー可能
今後のスケジュール:
・9月1日(水) : エントリー受付開始
・10月3日(日) : エントリー受付締め切り
・10月16日(土)、17日(日) :一次審査オーディション
・10月下旬 : 一次審査オーディション結果通知
・11月28日(日) : EXA KIDS 2021 最終プレゼン

詳細・エントリー

関連URL

T-PEZY/EXA KIDS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス