1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エデュシップ、小学校低学年向け体育支援ドリル「カラチャレ」を300校に無償配布

2021年9月30日

エデュシップ、小学校低学年向け体育支援ドリル「カラチャレ」を300校に無償配布

エデュシップは29日、読売新聞東京本社、筑波大学アスレチックデパートメントと提携して、新たな体育支援サービス「カラチャレ」を全国300校の小学校に無償で配布すると発表した。

カラチャレは、文部科学省で体育科の教科調査官も務めた日本体育大学・白旗和也教授の監修で、日本初の「小学校低学年向けの体育支援サービス」として開発。

1人1冊の体育ドリル「カラチャレドリル」は、様々な動きをイラストで分かりやすく解説し、児童ができたところにシールを貼ったり、教諭から表彰状がもらえたりするなど、楽しみながら学ぶことができる。

カラチャレドリルは、様々な企業の特別協力で全て無償。これまで検定教科書が無かった体育の授業で、費用を気にせず授業ができる。

体育の授業だけでなく、家に持ち帰って親子で挑戦するなど、学校スポーツの新しい文化に繋がるよう開発されており、コロナ禍の運動促進にも活用できる。

また、教諭向けの「授業の進め方」や「各運動の説明方法」、「評価の仕方」までを丁寧に解説した「体育のお助けレシピ」も無償で公開しており、カラチャレと組み合わせてより良い授業ができるよう教諭をサポートする。

カラチャレは、標準版に加え、ドール社の協力を得た特別版も発行し、無償で小学校に提供する。宇治の露製茶(福寿園グループ)の参画も予定しており、今後も協力企業を募集し、配布校を増やしていく。

第1弾のドール社が協賛する教材には、バランス良く食事をすることの大切さや食に対するクイズコーナーも用意。

さらには、食品にちなんだ「チャレンジエリア」などもあり、運動だけでなく食事も含めた成長の促進と共に「楽しく主体的にスポーツを行える工夫」が施されている。

今後さらに「カラチャレ・シリーズ」として、「走・跳の運動遊び(陸上運動)編」「表現リズム遊び(ダンス)編」なども開発予定。

関連URL

「カラチャレ」詳細・申込み

エデュシップ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス