1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 麗澤中高、中学3年生がドローンを使った「科学と未来学習講座」を実施

2021年10月28日

麗澤中高、中学3年生がドローンを使った「科学と未来学習講座」を実施

麗澤中学・高等学校は26日、同校の中学3年生が特別プログラムとして、ドローンを使った「科学と未来学習講座」を実施すると発表した。

特別プログラムで使用予定のドローン

中学3年生では、「STEAM教育」を一つの学習の柱として実施。ドローン技術は、近年多くの分野で活用されつつあり、ドローンの仕組みや活用分野について考えることは、生徒の未来を考える上で重要であるという。同プログラムは、ワールドスキャンプロジェクトの協力により実施可能に。

本来であれば、中学3年生はこの時期に2月に行うイギリス研修の事前学習を行う予定だった。しかし、コロナ禍の影響を受け、イギリス研修は中止となり、せめてイギリスの遺跡映像などを見て、イギリスについて学習しようと、ワールドスキャンプロジェクトにドローン映像を活用したプログラムの依頼をしたことをきっかけに、同特別プログラムの企画が進んだ。ただ、映像を見るだけでなく、ドローンで撮影する技術も身につけるプログラムに発展させることで、実践を伴う学びとなり、より主体的に生徒たちが学ぶ機会を提供できるという。

今回のプログラムで生徒に学んでほしいことは以下の4点。①ドローンで撮影されたリアルな映像に触れ、世界を広げる。②ドローンの仕組みを学び、操縦技術を身につける。③世界の中でドローンがどのように活用されているかを学ぶ。④ドローンの活用場面を想像し、提案を行う。

【麗澤STEAM教育】ドローンを使った科学と未来学習講座
実施日時:2021年10月28日(木)9時00分〜15時40分
対象:中学3年生(144人)
場所:麗澤中学校舎内

関連URL

麗澤中学・高等学校

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス