1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 専修大北上高校、「DX推進」基盤整備事業のプロポーザルを実施

2021年11月11日

専修大北上高校、「DX推進」基盤整備事業のプロポーザルを実施

専修大学北上高校(岩手県)は、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進に向けた基盤整備事業「専北DX推進事業」の第1歩となる「基盤の構築」を行う事業者を選定するプロポーザルを実施する。提案書の提出期限は12月10日。

プロポーザルは、「企画提案競技」のことで、複数の業者に企画を提案しもらい、その中から総合的に優れていると判断できる業者を選定する方法。

同事業は、第1期から第3期まであり、今回のプロポーザルでは第1期の事業者を選定。選定された事業者の支援のもと、第1期ではDX推進に向けた一体的な基盤整備ビジョンを策定する。期間は、契約締結日~2022年8月31日まで。

事業の対象は、北上学園教職員150人と同校生徒900人。第2期以降の契約に関しては、選定された事業者を優先契約者にして行う予定。

第2期は、新システム稼働に向けた基盤の構築で、期間は契約締結日~2023年3月31日まで。第3期は、新校舎運用開始に基づくシステムの本格稼働・保守・メンテナンス業務で、期間は2023年4月1日~2028年3月31日まで。

今回のプロポーザルで行う第1期の具体的な実施提案は、同校DX推進ビジョンの策定支援の具体的方法・タイムスケジュールと、これらの業務に関する経費の考え方と概算見積もりの提出。

プロポーザルの審査は、選定委員会の各委員が企画提案プレゼンテーションの評価を行い、最高点を得た業者を委託候補者として決定する。

第1期の審査項目は、①DX推進ビジョンの策定支援の妥当性、②実効性の高いビジョン策定に向けた工夫・配慮事項、③ビジョン策定のための取り組みに関する費用対効果。

プロポーザルの実施スケジュール

・公募情報の公開:10月15日(金)
・現地調査とヒアリング:10月15日(金)~11月18日(木)9:00~16:00(1社あたり90分)
・最終プロポーザル要項の公表:11月22日(月)
・提案書提出期限:12月10日(金)まで(平日の9:00~17:00)
・プレゼンテーション:12月14日(火)〈同校会議室、プレゼンテーション30分程度、質疑応答20分程度の計50分〉
・選定業者決定の公表:12月17日(金)
・契約締結:12月下旬
問合せ:北上学園 専修大学北上高校
(メール)uekiyo@senshu-u-kitakami.ed.j

「プロポーザル」詳細 

関連URL

専修大学北上高校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス