1. トップ
  2. 学校・団体
  3. パナソニック教育財団、2022年度 実践研究助成の申請校(団体)を募集中

2021年11月18日

パナソニック教育財団、2022年度 実践研究助成の申請校(団体)を募集中

パナソニック教育財団は、2022年度 実践研究助成の申請校(団体)の募集を1日から開始ししている。


文部科学省のGIGAスクール構想により、児童生徒1人1台端末や校内ネットワーク等、学校のICT環境が整備されつつある。これにより、より進化した協働的な学びや個別最適学習を実現し、併せて各種校務の効率化による教員の業務負担が軽減されることも期待される。こうした教育現場での課題解決に向けた、ICTを活用した実践研究を募集するという。

助成概要

【一般】
助成期間:1年間
金額:50万円
助成件数:60~70件程度
募集対象:
・小学校、中学校、義務教育学校・小中一貫校、高等学校、中等教育学校・中高一貫校、特別支援学校、在外教育施設(日本人学校、補習授業校、日本の私立学校の現地校)※幼稚園、高等専門学校、大学を除く
・教育委員会・教育センター・教育研究所
・上記の学校、教育委員会、教育センター、教育研究所に所属する複数人で構成される教育研究グループ

詳細(募集要項)

【特別研究指定校】
助成期間:2年間
金額:150万円
助成件数3~5件程度
募集対象:
・小学校、中学校、義務教育学校・小中一貫校、高等学校、中等教育学校・中高一貫校、特別支援学校
※在外教育施設(日本人学校、補習授業校、日本の私立学校の現地校)、幼稚園、高等専門学校、大学、教育委員会・教育センター・教育研究所、教育研究グループを除く

詳細(募集要項)

応募概要
応募受付期間:11月1日(月) から2022年1月14日(金) 17時まで
結果発表:2022年3月18日(金) 頃
応募方法:Web応募のみ
詳細・応募

応募にあたっての留意点

関連URL

パナソニック教育財団

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス