1. トップ
  2. データ・資料
  3. 冬期講習、受験生の半数以上が「学習の進捗管理をしてほしい」と回答=「キズキ共育塾」調べ=

2021年12月8日

冬期講習、受験生の半数以上が「学習の進捗管理をしてほしい」と回答=「キズキ共育塾」調べ=

キズキは7日、同社の不登校・ひきこもり・中退者向け学習塾「キズキ共育塾」が、来年1~3月に受験を予定している同塾の通塾生80人を対象に実施した、「冬期講習に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「冬期講習があったら参加したいか」を聞いたところ、72.5%が冬期講習を希望する結果となった。「集団授業と個別のどちらを希望するか」を聞いたところ、65.5%(38人)が個別を希望。「集団授業」希望は5.2%だけだった。

「対面とオンライン」では、51.7%(30人)が対面を希望。「オンライン」希望は13.8%だった。

大学・短大・専門学校を受験する生徒に、「直前に特に補強しておきたい教科」を聞いたところ、1位「英文読解」57.5%(42人)、2位「古文」と「英文法」でそれぞれ34.2%(25人)、3位「数学ⅡB」、4位「日本史」、5位「物理」という結果だった。


また、「受験直前の時期に望んでいるもの」を聞いたところ、1位「学習の進捗を管理してほしい」55.2%(31人)、2位「やるべき分野や問題の優先順位を教えてほしい」43.1%(25人)、3位「自宅以外で長時間学習ができる場所がほしい」31%(17人)などの声が寄せられた。

この調査は、2022年1月~3月に受験を予定している「キズキ共育塾」の通塾生約200人を対象に、インターネット(グーグルフォーム)で実施。有効回答数は80人。

関連URL

調査結果の詳細

「キズキ共育塾」

キズキ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス