1. トップ
  2. データ・資料
  3. 来年に取得したい資格TPO3は「簿記」「FP」「TOEIC」=資格Times調べ=

2021年12月28日

来年に取得したい資格TPO3は「簿記」「FP」「TOEIC」=資格Times調べ=

ベンドが運営する「資格Times」は27日、「2021年度取得した資格」と「2022年度に取得を考えている資格」に関するアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、今年最も取得した人数が多かった、「2021年最も人気だった資格」のTOP3は、1位「TOITEC」、2位「簿記」、3位「FP(ファイナンシャルプランナー)」だった。

1位のTOEICは、英語を通じたコミュニケーション能力やビジネス現場で有用な英語力を評価する試験で、日本だけでなく世界各国で実施。最もメジャーな「TOEIC L&R」は、日本で年10回、全国およそ80都市で実施されており、知名度の高い英語試験の1つ。

TOEICを受験する大きなメリットとして、就職や転職で有利に働くという点が挙げられる。特に800点以上の取得者は、英語力の高さを評価されやすくなる。

2位の簿記は、年間60万人が受験する人気の資格。会計の基本を学び、経営管理や経営に関する分析についての基本的な能力を身につけることができる。日商簿記は初級・3級・2級・1級の4種類があり、特に2級と1級は合格率が低い難関資格。

会社の利益などの数字に強くなるため、経理部門での活躍が見込めるほか、営業職や企画職でも学んだことが役立つ。

3位のFPは、資産運用のプロフェッショナルで、家計に関わる金融税制や不動産、保険まで幅広く学習する。受験者は、3級で年間10万人以上と、かなり人気の高い資格。

資産運用に関して学ぶことから、投資や保険の活用など、自身の資金繰りに役立つ。また、銀行や保険会社といった金融業界での就職・転職にも有利に働く。

一方、来年取得を考えている人数が最も多い、「2022年人気の資格」のTOP3は、1位「簿記」、2位「FP」、3位「TOITEC」で、順位は違うが項目は「2021年最も人気だった資格」と同じ。

4位は「宅建士」(宅地建物取引士)で、宅地や建物を取引する人が、公正な取引をできるようにサポートする専門家。試験は年1回で、毎年20万人以上が受験する人気の資格。

5位は「実用英語技能検定」。年間の総志願者数が250万人を超える、国内最大級の英語資格試験で、日常生活から専門的な内容までの幅広い分野の英語能力を測定。子ども~大人まで受験している。

6位は「MOS」(マイクロソフトスペシャリスト)。WordやExcelといったマイクロソフトオフィスの操作スキルを図る試験で、スペシャリストとエキスパートの2つがある。マイクロソフトオフィス社公認の資格で、累計受験者数は440万人を超える。

また、「資格Times」編集部では、2022年おすすめの資格として、「G検定」と「司法書士」の2つを挙げている。

G検定は、日本ディープラーニング協会が開催している資格で、AIやディープラーニング(深層学習)の基礎を学習。また司法書士は、登記申請や訴訟手続きのエキスパートで、最難関国家資格の1つとして知られている。

この調査は、12月16日~22日にかけて、「2021年度取得した資格」と「2022年度取得を考えている資格」について、インターネットでアンケートをとって実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「資格Times」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス