1. トップ
  2. データ・資料
  3. Builds、コロナの影響に対する受験生の生の声、2022年度受験生アンケート結果発表

2022年1月17日

Builds、コロナの影響に対する受験生の生の声、2022年度受験生アンケート結果発表

オンライン個別指導サービス「スタディコーチ」を提供するBuildsは12日、2022年度入試の受験生324人に対し今年度の受験勉強に関するアンケート調査の結果を発表した。


同調査から、今年度の受験生の受験勉強の実態が明らかになった。
受験生の学校生活については、のべ95%以上の生徒が学校行事の中止・オンライン化、半数以上がオンライン授業を経験した。

新型コロナウイルスの影響については、受験生の約4割が悪い影響を受けたと回答。その内容は「モチベーションの維持ができず学習時間が減少した」が59.5%、「友人との交流の減少によるストレスの増加」53.5%と精神的な影響が多く見られた。

特に新型コロナウイルスの影響で、全体の約23% が「学習時間が減少した」と回答。受験生の80.9%は「自習」が学習の中心となり、55.6%は主な自習場所は自宅と答えた。

受験勉強の工夫として、33.3%の生徒が学習時間記録アプリを利用、31.2%の生徒が学習計画を作成したと回答。効率的に自習をする工夫がされていることか伺えた。また、22.5%の生徒がオンラインで友人などと繋がりながらの学習、17.9%がSNSで他の受験生と交流したと回答している。友人との直接の交流が減る中で、新たな形での学習のモチベーション維持が広がっていると言える。


今年度の共通テストに関しては72.5%が「不安がある」と回答。出題傾向が掴めないことや過去問が少ないことがその要因になっていると言える。

調査はインターネットによる全国調査で行われた。調査期間は2021年12月28日〜31日 。調査対象は2022年度に大学入試を受験する高校3年生330名。

同サービスは、講師全員を現役東大生が務めるオンライン個別指導サービス。東大生講師が作り上げた独自のメソッドによるハイレベルなオンライン指導、学習計画のコーチングと学習 内容のティーチングを掛け合わせた指導を特徴としている。

関連URL

「スタディコーチ」

Builds

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス