1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. VisionWiz、AI写真サービス「とりんく」4月にリリース、全国の保育園・習い事教室対象に展開

2022年1月28日

VisionWiz、AI写真サービス「とりんく」4月にリリース、全国の保育園・習い事教室対象に展開

エクサウィザーズは、同社の子会社であるVisionWizが、AI写真サービス「とりんく」を2022年4月にリリースと発表した。

AI写真サービス「とりんく」は、「預けている間の子どもの様子を知りたい」という保護者の声や、「安心安全に保育・教室運営をしながら子どもたちの成長の記録をしっかり残してあげたい」という園・教室スタッフの声に応えるため、 AIカメラでつくる新しい見守りのかたちとして開発されたという。

「とりんく」は、その日の写真をその日のうちに毎日配信。AIカメラが子どもの行動や表情を検知して自動で撮影・選別するため、日常の自然な様子はもちろん、一生懸命何かに取り組んでいる姿、家ではできないことを園・教室で頑張っている様子など、普段は見ることができない子どもの姿を写真で見ることができる。

保護者は無料プランとプレミアムプランの2つのプランから選ぶことができ、無料プランではその日に届く写真を30日間閲覧可能。プレミアムプランでは写真をすべてダウンロードできるほか、毎回違った切り口でセレクトされる特別なフォトムービーも毎月配信されるため、長い期間利用することで、子どもの成長を実感できる。

導入後は、AIカメラでの写真撮影、子ども毎の写真選び、保護者への配信、保護者が加入したプレミアムサービスの月額料金の回収までを全て「とりんく」が行うため、従来のサービスでの園・教室の業務の削減を図りながら、より満足度の高いサービスを提供することが可能になる。また、写真選びでは、先生の姿を写真に含める、含めないなど、それぞれの園・教室に合わせたサービスも提供可能。

さらに、同サービスは、従来の写真サービスとの併用も可能。園・教室のスタッフやプロのカメラマンが撮影した写真を「とりんく」にアップロードすることができ、従来の写真サービスの利用を続けながら、保護者に提供する写真を集約することも可能

関連URL

とりんく

エクサウィザーズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス