1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 数研出版、4月からの新学習指導要領に対応した「高校理科の問題集」を発売

2022年2月8日

数研出版、4月からの新学習指導要領に対応した「高校理科の問題集」を発売

数研出版は7日、4月から施行開始する新学習指導要領に対応した、高校生向けの理科問題集「リードLight」と「リードLightノート」を発売したと発表した。

同問題集は、2025年実施分から新課程に切り替わる「大学入学共通テスト」での出題形式を意識した対策問題も巻末に掲載。

同社の「リードシリーズ」は、高校生向けの理科問題集で、基礎~標準をカバーし、共通テストレベルの力を養う。2012年の「リードLight」発売以降シリーズ累計380万冊(自社調べ)を達成。学校の授業や自学自習で広く利用されている。

今回発売した「リードLight」と「リードLightノート」で掲載している問題は全く同じ。「リードLightノート」は、問題の後にスペースが設けてあり、直接答を書き込むことができ、学習履歴が分かりやすいのが特長。

一方「リードLight」は、大学ノートなどに答えを書いて使う。くり返し問題を解くことができ、間違えた問題の復習に最適。

また、両方とも無料のQRコンテンツが付いており、紙面上のQRコードをスマホなどで読み取ると、1問1答や用語確認問題、解説動画にアクセスできる。電車の中やスキマ時間にもサクッと学べる。

問題集の概要

・「リードLight」:物理基礎、化学基礎、生物基礎(3点)
・「リードLightノート」:物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎(4点)
定価:各737~814円(税込)
発売日:2022年1月25日(火)
仕様
・「リードLight」:B5変形判/本冊104~128ページ+別冊解答40~96ページ
・「リードLightノート」:B5判/本冊104~120ページ+別冊解答32~72ページ

サンプル:
「1問1答」
「解説動画」
詳細

関連URL

数研出版

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス