1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、「第18回すららカップ」の最終結果を発表

2022年2月24日

すららネット、「第18回すららカップ」の最終結果を発表

すららネットは22日、昨年12月から2カ月間開催していた「第18回すららカップ」の最終結果を発表した。


同カップは、偏差値や点数ではなく「総学習時間」などの「努力量」で、学年や居住地域を問わず学習者同士が競い合う大会で、第18回大会は2021年12月~2022年1月の2カ月間開催。

2月19日には、国内受講生だけでなくスリランカ、インドネシア、フィリピンの各国語版で学ぶ現地の受講生も集まるグローバル規模のオンライン授賞式を開催し、順位発表と表彰を行った。

今回の大会では、過去最多の15のアワードを設け、様々な角度から受講生の「努力」を称え、表彰した。

例えば、新設された「English Speaking Award」では、英語を発話し、発音やイントネーションなどの詳細な評価が受けられる「スピーキングAI」を使って発話した回数を競う賞。第1位になった池永昇陽さんは、期間中に約1万8000回の発話を行い、中高生も参加している同アワードで、小学1年生にして全国優勝を果たした。

また、初めて「すららカップ」参加対象に加わったスリランカ、インドネシア、フィリピンの各国語版で学ぶ現地の受講生は、期間前に決めた月あたりの目標学習時間を達成する「ミッション達成賞」、毎日学習を継続する「皆勤・皆勤ニアピン賞」に参加。3カ国あわせてミッション達成賞は139人、皆勤・皆勤ニアピン賞は45人が受賞した。

学年や所属を問わず、「すらら」・「すららドリル」・「ピタドリ」の全受講生が個人で期間中2カ月間の総学習時間を競い、全国1位を決めるアワードでは、豊川高校(愛知県)の滝澤榛人さんが優勝。2カ月間の学習時間記録は515時間16分で、1日8時間以上学習しているペースだった。

関連URL

「第18回すららカップ」

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス