1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クエストカップ2022全国大会、千葉県立東葛飾中学校と聖心学園中等教育学校がグランプリ受賞

2022年3月1日

クエストカップ2022全国大会、千葉県立東葛飾中学校と聖心学園中等教育学校がグランプリ受賞

教育と探求社は2月26日、クエストカップ2022全国大会、各部門の受賞チームが決定したと発表した。企業探究部門「コーポレートアクセス」では、千葉県立東葛飾中学校と聖心学園中等教育学校がグランプリを受賞した。

日本最大級の探究学習プログラム「クエストエデュケーション」に取り組んだ生徒たちが、この1年の成果を発表する同大会。2月19日から始まった今大会は26日、全部門の発表、審査が終えた。審査の結果、グランプリ、準グランプリなどの受賞チームは次のチームに決定した。

企業探究部門「コーポレートアクセス」は、グループEのグランプリは千葉県立東葛飾中学校・CM(centimeter) 「i-world」、グループQのグランプリは聖心学園中等教育学校・SPビーンズ「ヌーディスト・フォレスト・アドベンチャー」が受賞。社会課題探究部門「ソーシャルチェンジ」グランプリはKTCおおぞら高等学院東京キャンパス・おおぞら子育て協力隊「子育てニュースタンダード フリースペースLegato」、同じく「ソーシャルチェンジ・イングリッシュ」グランプリは山形県立東桜学館高等学校・B-rings!「Ed U!」が受賞した。また、起業家部門「スモールスタート」グランプリは横浜市立南高等学校・きらきらきらりん「Zleep」で、ブラックスワン賞(武蔵野大学)とダブル受賞をとなった。

同大会は、同社が開発した探究学習プログラム「クエストエデュケーション」に取り組む全国各地の中高生が、この1年で取り組んできた探求の成果を、思う存分発表するもの。世の中の「当たり前」を揺るがすような独創的な視点、身の回りで見つけた、本質に突き刺さる「問い」、探求の中で育んできた仲間への信頼や学びへの冒険心。生徒たち一人ひとりの学びや成長が感じられるだけでなく、見る人々にも感動を与える大会。今大会には過去最高を更新する31都道府県154校4098チームが応募、厳正な審査の結果、130校261チームが出場を果たした。

受賞チームや審査委員長のコメント

関連URL

教育と探求社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス