1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シュビキ、改正育児・介護休業法対応「パタハラのない職場作り」eラーニング発売

2022年3月24日

シュビキ、改正育児・介護休業法対応「パタハラのない職場作り」eラーニング発売

シュビキは22日、改正育児・介護休業法対応のeラーニングコース「パタハラのない職場作り」の発売を発表した。

「パタハラ」とは、パタニティー(Paternity=父性)・ハラスメントの略で、男性が育児参加をするために育児休暇や時短勤務制度の取得をすることに対して、嫌がらせや圧力をかけること。

2022年4月育児・介護休業法が改正される。育児休業取得の拡大を目指して、環境整備の義務付けや、パパ育休の制度新設などが段階的に行われていくことになる。

背後の1つには、育児休業の取得、中でも男性の取得申請が低いレベルに留まっていることが挙げられる。2023年4月には、男性育休取得率の公表が義務付け(大企業のみ)られる。厚生労働省では、育児休業・産後パパ育休に関する「研修の実施」「相談窓口の設置」「自社の事例収集・提供」「自社の制度と育児休業取得促進に関する方針の周知」のいずれか(複数がのぞましい)を実施するよう求めている。

同作は、この「研修実施」用に開発されたコースで、受講管理付eラーニングのため、リモートでの実施も可能。育児休業を始めとする法的制度の紹介に加え、意識改変も促す内容で全社員の啓蒙用にも利用できるコース。別売の「見てわかる育児・介護休業法」では、育児休業の取得についてさらに詳細な説明がされており、併せて受講することで法改正への対応ができるようになっている。

単体コースとして研修効率化支援サービス「BISCUE TS」のラインアップにできる他、定額制クラウド型 eラーニング「BISCUE LS」(各スマホ対応)の契約コースに盛り込むこともできる。

関連URL

BISCUE eラーニング

BISCUE LS

BISCUE TS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス