1. トップ
  2. データ・資料
  3. ベネッセ、「THE世界大学ランキング日本版2022」を発表

2022年3月25日

ベネッセ、「THE世界大学ランキング日本版2022」を発表

ベネッセは24日、英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(「THE」)の「THE世界大学ランキング日本版2022」を発表した。

「THE」は、高等教育界に特化したデータ・分析・情報を提供し続けており、「世界大学ランキング」を2004年から発表。今回、ベネッセの協力のもと、大学の教学改革やグローバル化の推進に向けて、「THE世界大学ランキング日本版2022」を発表した。

「THE世界大学ランキング日本版」は、2017年3月に1回目を発表し、今年で6回目。毎年9月に「THE」が発表する世界版ランキングでは「研究力」を軸に据える一方で、日本版ランキングは、日本の教育事情に即した形で大学の魅力や特性が表れるように、大学の「教育力」を測る設計になっている。

ランキング指標は、「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で構成。一般的な国内の大学ランキングは、主に入学時の学力(合格基準)が軸になっているが、「THE」のランキングは学生の学びの質や成長性に焦点を当てたものになっている。

今回の日本版ランキング2022年版では、273大学がランク付けされた。

総合ランキングでは、東北大学が昨年に続き1位に、1つ順位を上げた東京大学(昨年3位)が2位に、同率3位には2つ順位を上げた大阪大学(昨年5位)と東京工業大学(昨年2位)が、続いて5位に京都大学(昨年4位)、6位は昨年に続き北海道大学(昨年6位)がランクインした。

また、分野別ランキングでは、「教育リソース」で東京大学が再び1位になり、「教育充実度」は国際教養大学、「教育成果」は京都大学と、昨年から変化はなく、「国際性」では立命館アジア太平洋大学が初めて1位になった。

2022年版のランキング指標は、2021年版から変更はない。2019年版以来、指標における「教育充実度」の充実を図る目的で、「教員・学生の交流、協働学習の機会」「授業・指導の充実度」、「大学の推奨度」の3つの学生調査の結果が、重要な指標項目としてランキングに反映されている。

関連URL

「THE世界大学ランキング 日本版」詳細

ベネッセ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス