1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニーグループ×放課後NPOアフタースクール、「感動体験プログラム」の募集開始

2022年4月13日

ソニーグループ×放課後NPOアフタースクール、「感動体験プログラム」の募集開始

ソニーグループは12日、同社と放課後 NPO アフタースクールが協働で実施する「感動体験プログラム」の2022年度実施団体の募集を開始したと発表した。

2022 年度の同プログラムは、さらに対象を拡張して展開する予定。放課後児童クラブや放課後子ども教室など、全国の25団体を対象に、計8種類のワークショップを開催する。

同プログラムは、ソニーが教育格差縮小に向けて 2018 年から展開している小学生向けプログラム。プログラムの一環として、子どもたちに豊かな放課後を提供している同スクールと連携し、放課後の小学校に多様なワークショップを届けている。そのプログラム内容や展開エリアは年々拡充し、2021 年度は訪問型とオンライン型のハイブリッドで関東・関西 28 ヵ所、694名の子どもたちにワークショップを届けた。

今年はエリアを全国に拡大し、同グループの持つ技術やコンテンツと、同スクールの教育現場におけるノウハウを活かし、より多くの子どもたちに感動体験を届け、好奇心や創造性の向上を目指す。

プログラムは、同グループの技術やコンテンツを活かし、STEAM分野の8つのプログラムを展開。昨年に引き続き、オンライン形式のワークショップ(「aibo といっしょに AI+プログラミング体験」、「プログラミングブロック 「MESH」でアイデアを形にしよう!」、「世界でひとつのオリジナルアニメを作ろう」、「自分を表現しよう!みんなでミュージカル」)も実施予定。

応募期間は第1次(7月〜実施)が4月12日〜 5月31日、②第 2 次(10 月〜実施)が6 月1日〜 8月31日。募集対象は学童保育・放課後活動など、小学校および小学生を対象とした活動をしている団体 。費用は無料。応募は専用応募用紙をFAXかメールで送るか、ホームページの応募フォームから申し込む。

詳細

申込

関連URL

放課後 NPO アフタースクール

ソニーグループ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス