1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プログリット、本田圭佑氏のインタビューコンテンツを学習教材に追加

2022年4月28日

プログリット、本田圭佑氏のインタビューコンテンツを学習教材に追加

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を運営するプログリットは27日、本⽥圭佑⽒のインタビューコンテンツを、学習教材として追加することを発表した。

プログリットアンバサダーである本⽥圭佑⽒は、プログリットが誕⽣して以来、最も⻑く受講を継続している最⻑受講継続記録保持者であり、今もなお⾃⾝の記録を更新し続けている。

本⽥⽒は、なぜこれほどまでに英語学習を継続できるのか?英語学習のきっかけや⽬的、継続の秘訣が語られたインタビューを学習教材として導⼊することで、よりモチベーション⾼く英語学習を継続し、世界で⾃由に活躍するための英語⼒を⾝につけられるよう、教材への導⼊を決定したという。

同コンテンツは、プログリット及び、シャドーイング特化サブスクサービスである「シャドテン」において、リスニング⼒を上げるためのシャドーイングのトレーニング教材として追加。⾳源は、本⽥⽒の、英語学習への思いが語られたインタビューを英⽂に書き起こし、ネイティブスピーカーによって収録されたもの。1分間に話される単語量を表すWPM(Words Per Minute)は150~160と、シャドーイング未経験者でも取り組みやすいスピードに設定されている。

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」は、2016年9⽉からスタートした、英語コーチングプログラム。に「英語を教える」のではなく、英語を学ぶための最適な⽅法を提案し、学習継続を⽀援するコーチングを⾏うという。

「シャドテン」は、リスニング⼒向上に効果的なシャドーイングに特化した⽉額サービス。

関連URL

プログリット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス