1. トップ
  2. データ・資料
  3. 英語を学ぶ目的・理由、最多は「英語力キープ・スキルアップのため」=English shift調べ=

2022年6月6日

英語を学ぶ目的・理由、最多は「英語力キープ・スキルアップのため」=English shift調べ=

ヤカタリは3日、同社の英語学習情報サイト「English shift」が、英語学習を始めた(始めようと考えている)200人を対象に実施した、「英語を学んでいる(学ぼうと思っている)目的・理由についてのアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「英語を学んでいる(学ぼうと思っている)目的・理由」の第1位は「英語力キープ・スキルアップのため」(48人)だった。

その理由としては、「スキルアップのため。また、留学も考えているのでそのためにも最低限の英語力を身につけたいから」、「社会人になり英語に触れる機会が少なくなり忘れてしまい、もう1度勉強し直しビジネスで生かしていきたいから」などの声が寄せられた。

2位は「仕事で必要だから」(32人)で、「現在もこれからも仕事に必要だと思うから。クライアントも国内に限らないので仕事を取りに行く上でも必要。話す力と書く力はどちらも同じくらい大事」などの意見が寄せられた。

3位は「海外の人と交流したい」(25人)。「いろんな分野でグローバル化が進んでおり、英語を学ぶことで、たくさんの知識を得ることができると思うから」などの声が寄せられた。

4位は「海外旅行を楽しみたい」(24人)で、「海外旅行が好きで悔しい思いをしたことがあり、話せればもっと思い出深い旅になったと思うから」などの声が寄せられた。

5位は「映画・YouTube・TVを英語のまま楽しみたい。海外サイト・説明書を原文のまま読みたい」(23人)で、「YouTubeなどの動画配信サイトで英語でガジェットを紹介しているサイトに興味があり、日本とは違う情報を知りたいので」などの声が寄せられた。

以下、6位「子どもと一緒に学びたい」(19人)、7位「海外就職・海外移住・留学したい」(13人)、8位「英語が好き・楽しい・カッコいい!」(7人)、9位「英語を学びなおしたい」(5人)、10位「TOEIC・TOEFLなどの資格をとりたい」(4人)と続いた。

この調査は、英語学習を始めた(始めようと考えている)200人(男性59人、女性141人)を対象に、6月2日にインターネットで実施した。調査対象の年代は10代1人、20代39人、30代91人、40代49人、50代17人、60代3人。

関連URL

調査結果の詳細

「English shift」

ヤカタリ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス