1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イーデザイン損保の「もしかもマップ」、全国約5万7千件の危険箇所の「見える化」を達成

2022年6月21日

イーデザイン損保の「もしかもマップ」、全国約5万7千件の危険箇所の「見える化」を達成

イーデザイン損害保険は20日、同社のWebサービス「もしかもマップ」が、全国5万7002件の危険箇所をマップ上で「見える化」したと発表した。

同社は、同社の自動車保険「&e(アンディー)」のデータを活用した事故削減プロジェクト「SafeDriveWith」の一環として、今年4月27日から、親子で道路上の危険箇所を発見しマップ上で可視化するWebサービス「もしかもマップ」を開始。

サービス開始後約1カ月(2022年6月8日時点)で、90の自治体から全国で8000件を超える通学路の危険箇所の提供を受けた。

また、利用者からの投稿や警察庁のオープンデータを含めると、5万7002件の危険箇所をマップ上に「見える化」しており、交通事故を削減するサービスとして全国で活用されている。

同社が、「もしかもマップ」を利用した全国の親子514組を対象に実施したアンケートによると、97.6%が「親子で交通ルールや危険箇所について話すことができた」と実感。85.4%が「新たにきけんな場所を見つけることができた」と回答している。

また、「もしかもマップ」利用の感謝企画として、6月20日から、「&e」公式Twitterをフォローし、対象のツイートをリツイートすると、抽選で500人にオリジナルキャラクター「もし子」キーホルダーをプレゼントする、フォロー&リツイートキャンペーンを実施している。

関連URL

「もしかもマップ」

「&e」公式Twitter

イーデザイン損害保険

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス