1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 山形県立新庄南高、資質・能力を客観的に可視化する「Ai GROW」を導入

2022年7月22日

山形県立新庄南高、資質・能力を客観的に可視化する「Ai GROW」を導入

Institution for a Global Society(IGS)は21日、学力以外の資質・能力をAIを活用して客観的に可視化する評価ツール「Ai GROW(アイ・グロー)」が山形県立新庄南高等学校に導入されたと発表した。7月27日に高校1年生83名が受検する。

Ai GROWは、知識を問う従来のテストでは評価が難しい資質や能力(思考力、判断力、表現力など)を、潜在的な性格を測る心理学の手法や、AIを活用した公正な相互評価などを通して可視化するツール。

総合型選抜入試を目指す生徒の多い同校では、早い段階からAi GROWで生徒が自身の強みを認識して伸ばしていくことで、自己推薦書などの出願書類の作成や面接などでの説得力ある自己アピールを実現し、総合型選抜入試対策を充実させたいとしている。さらに、定期的にAi GROWの受検を重ねていくことで、特別活動(生徒会や各行事)の教育効果の可視化も目指している。

関連URL

山形県立新庄南高等学校

「Ai GROW」

Institution for a Global Society(IGS)

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス