1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセの教材、20~39歳の3割近くが小学生の時に利用 =スパコロ調べ=

2022年9月2日

ベネッセの教材、20~39歳の3割近くが小学生の時に利用 =スパコロ調べ=

スパコロは1日、1都3県の20~39歳1000人を対象に実施した「利用実態調査 ベネッセ編」の結果をまとめ発表した。

この調査は、多くの人が就学時に利用を経験した「ベネッセ」の学習教材について、実際には就学期間のどの時期に、どんな目的で利用されているのかをアンケートしたもの。

それによると、就学時の各期間におけるベネッセ学習教材の利用状況を聞いたところ、「幼稚園生・保育園生のとき」21.4%、「小学校生のとき」29.1%、「中学生のとき」16.1%、「高校生のとき」9.2%という結果になった。

小学生のときをピークに約3割の人が利用を経験し、中学・高校へと進むにつれて利用割合が下がる構造になっていることが分かった。

幼稚園生・保育園生時の学習教材・学習塾の利用理由を聞いたところ、学習教材・学習塾全体の利用理由では、「学習意欲・興味促進」44.8%が最も多く、以下、「読み書き学習」38.9%、「意識教育」19.1%などが続いており、学校教育が始まる前段階の学習の意識付けや識字目的での利用が多いことが伺える。

また、学習教材・学習塾全体とベネッセ利用者の利用目的では、大きな差がないことが分かった。

小学生のときの学習教材・学習塾の利用理由については、「予習目的」38.9%が最も多く、以下、「復習目的」36.3%、「学習意欲・興味促進」34.5%などが続いており、小学生時では学校教育の補助が目的の利用が多いことが伺える。

また、学習教材・学習塾全体と比べてベネッセ利用者では「受験目的」での利用が5ポイント以上低かった。

中学生のときの学習教材・学習塾の利用理由については、「受験目的」43.2%が最も多く、以下、「復習目的」37.8%、「予習目的」35.8%などが続いた。中学生時では、小学生時で上位だった「予習目的」「復習目的」を抜いて「受験目的」が1位だった。

一方で、ベネッセ利用者では「受験目的」と同等に「復習目的」での利用が多いことが分かった。

高校生のときの学習教材・学習塾の利用理由については、「受験目的」59.0%が最も多く、以下、「復習目的」33.3%、「予習目的」27.1%などが続いた。高校生時では、上位3位の項目には変動がないものの、1位の「受験目的」で教材・塾を利用している人の割合が増加し、約6割だった。

中学生時同様にベネッセ利用者では、「受験目的」と同等に「復習目的」での利用が多いという特徴があった。

この調査は、1都3県の20~39歳を対象に、8月18日~22日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は1000人。

関連URL

調査結果の詳細

スパコロ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス