1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジンジブ、高校生のキャリア支援「ジョブドラフトCareer」2023年度プログラムを発売

2022年12月8日

ジンジブ、高校生のキャリア支援「ジョブドラフトCareer」2023年度プログラムを発売

ジンジブは7日、高校1~3年生向けのキャリア教育と就職アドバイスを行う「ジョブドラフトCareer(キャリア)」の2023年度プログラムの発売と一部授業の無料化を開始した。

「ジョブドラフトCareer」は、進路を決める前の高校1~3年生の3年間を通したキャリア教育を通じて、進学や就職に限らず、高校生が将来のことを自分で考える「きっかけ」を創るために、自己肯定感の育成、自己理解や社会理解、職業観の育成、進路、社会人基礎力のプログラムを実施する。

その中で、就職を希望する生徒には面接対策や履歴書添削など、実際の就活サポートまでを行い、キャリア教育から内定に至るまでトータルで支援する。

2023年度のプログラムでは、適性診断や興味価値観の整理などを通して将来へのイメージを持つ「自己理解」や、世の中の仕事や働き方についてのガイダンスに加えて、社会人講和や合同企業説明会「ジョブドラフトFes」への参加など実際に企業や仕事に触れる体験から職種・業界理解を促す「社会理解」を通じて、自身で将来のキャリアプランニングをするための土台を育成。

進路決定のサポートでは、進路選択についてのガイダンスや、コミュニケーションスキルやマナー講習などの「社会人基礎力」を、就職希望者には求人票の見方、面接対策や個別面談や実際の就活サポートまで行う。

また、今年度から、資産形成ゲームアプリを使用した金融教育コンテンツや、実際に様々なSDGsを意識した事業や取り組みを行う企業の話を通して、自身の関心や課題に対する解決策を自身で発見し探求する授業など、社会や時代のトレンドに合わせた新たなコンテンツを拡充。

「ジョブドラフトCareer」の導入高校では、キャリア教育や進路指導を委託することで、これまでの進学や就職など多岐にわたる業務負担を軽減させることや、社会経験に即した授業ができるようになる。

高校ごとに年間スケジュール、キャリア教育や進路指導のカリキュラムに合わせプログラムもカスタマイズする。2022年度は27の高校が「ジョブドラフトCareer」を導入。

関連URL

「ジョブドラフト」

ジンジブ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス