1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中高生が選ぶ今年の漢字、1位「楽」、2位「恋」、3位「推」=ニフティキッズ調べ=

2022年12月12日

小中高生が選ぶ今年の漢字、1位「楽」、2位「恋」、3位「推」=ニフティキッズ調べ=

ニフティは9日、同社の子ども向けサイト「ニフティキッズ」が、全国の小中高校生2000人を対象に実施した、「小中高生が選ぶ2022年の漢字」のアンケート調査の結果をまとめ発表した。


それによると、2022年を表す漢字第1位となったのは「楽」だった。昨年は3位だった「楽」だが、「推」「恋」を抑えて今年は1位に躍り出た。

生徒たちからは、「コロナが収まってきてやっと学校行事が行われたから」や「コロナが減ってきて旅行に行けるときがあったから」など、昨年までと比べて新型コロナの影響が少なくなってきたことを喜ぶ声が多くられた。

第2位は昨年と同じく「恋」。「恋」は同調査を開始した2017年から3年連続1位、2020年は3位になったが、2021年には2位に返り咲き、ずっとTOP3に入っている。

この結果から、小中高生の恋愛に対する関心の高さが伺えるが、生徒たちからは「初恋をしたから」「好きな人と両想いだから」などのコメントが寄せられた。

第3位は「推」。昨年の1位から2ランクダウンしたものの、2022年も「推し活」という言葉があちこちで聞かれた。生徒からも「人生ではじめて推しができたから」「今年も推しをたくさん愛せた1年だから」といった声が多く寄せられた。

また、ランク外の回答では、上位に明るい漢字がランクインした反面、コロナの最初の発生報告から約3年、コロナ禍の生活に慣れたことから「慣」や、安倍元総理の銃撃事件や円安が続いていることから「安」、ロシア・ウクライナ情勢から「命」といった漢字のほか、「悲」「戦」「死」「病」などの漢字も並び、今年は印象的な悲しい出来事が子どもたちにとっても多かったことが分かった。

この調査は、全国の小中高生を中心とする「ニフティキッズ」訪問者を対象に、10月14日~11月21日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は2026人。

関連URL

調査結果の詳細

「ニフティキッズ」

ニフティ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス