1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「Yahoo!テックアカデミー」、受講生の定員上限を100名から140名に増枠

2022年12月13日

「Yahoo!テックアカデミー」、受講生の定員上限を100名から140名に増枠

ヤフーは9日、同社が提供する「Yahoo!テックアカデミー」が受講生の定員上限を100名から140名に増枠したと発表した。

プログラミング未経験者からエンジニアへのリスキリングを支援する「Yahoo!テックアカデミー」は、11月30日から100名を上限に募集を開始していたが、3日間で100名以上から応募があったことを受け、定員上限を増枠した。

募集期間は従来通り2023年1月3日まで。

経済産業省の調査によると、2030年には最大で79万人のIT人材が不足する可能性があるとされており、IT人材の育成が急務となっている。政府は「骨太の方針2022」で人的資本投資に関する考えをまとめ、社会全体で学びなおしを促進するための環境を整備するなど、「人への投資」を抜本的に強化するとしている。また、今年10月に行われた第210回臨時国会における首相の所信表明演説では、個人のリスキリング(学びなおし)の支援に5年で1兆円を投じると表明された。

今回、100名を上限に募集を開始したところ、北海道から沖縄県まで23の都道府県に加え、海外からも応募があった。応募者のうち、71%がプログラミング未経験者で、44%が20代だという。

募集概要

募集時期:2022年11月30日(水)~2023年1月3日(火)26:00
受講期間:2023年1月23日(月)~5月14日(日) ※16週間で総学習時間320時間を想定
受講形式:完全オンライン
応募条件:期間内に320時間の学習時間を確保でき、インターネット環境に接続できる一定スペック以上のPCを保有している人
選考方法:2023年1月3日(火)26:00までに応募した人から抽選を行い、1月6日(金)に応募者全員にメールで結果を通知
転職支援期間:2023年10月30日(月)まで
受講費用:55万円(税込)
募集人数:140名
講義内容:Java、Linux、Spring Boot、個人開発課題など

関連URL

「Yahoo!テックアカデミー」

ヤフー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス