1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 静岡聖光学院とイトーキ、メタバース用いた教育プロジェクトが文科省推進事業に採択

2022年12月23日

静岡聖光学院とイトーキ、メタバース用いた教育プロジェクトが文科省推進事業に採択

静岡聖光学院は21日、イトーキと行うメタバースを用いた仮想空間と現実空間の学習環境のデザインと、教育カリキュラムの構築プロジェクトが、文部科学省「令和4年度 次世代の学校・教育現場を見据えた先端技術・教育データの利活用推進事業」に採択されたと発表した。

メタバース空間体験をする中学生

同事業は、「GIGAスクール構想」による「1人1台端末」の活用が進む中、目指すべき次世代の学校・教育現場等を見据えた上で、教育の質の向上を図るとともに、新たな政策課題に対応するため、教育現場で活用し得る先端技術や教育データを効果的に利活用するための実証等を行うもの。

静岡聖光学院はイトーキとデジタルを活用した探求力、表現力、コミュニケーション力の醸成を目的とした実証研究を行っており、今回その活動が文科省の実証事業とし事業採択された。

使用するデジタル技術はVR(メタバース)技術で、物理的な制約や距離・コストに囚われず、自由に表現した成果物の発表を行う「研究発表会」と、アバターの身振り手振りを交えつつ対面以上に気軽にコミュニケーション(英会話)を行う「国際交流会」の2つのテーマで実証を行う。

メタバース空間を利用することで、生徒の自由な表現を用いた新たな探究型学習の実現が期待され、また、遠隔の人とも身振り手振りを交えたリアルに近いかたちでの対話型学習の実現が期待される。

現在普及しているオンラインミーティングシステムでは、発話者1名に対し参加者が聞いているかたちになり1on1になるが、メタバースの利用で多対多のコミュニケーションが可能になるのではないか、それによりメタバース空間内で制約・国境を越えリアルに近い活動をすることができるのではないか。そうした教育的効果について実証を行うという。

関連URL

静岡聖光学院中学校・高等学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス