1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. Fora、鹿児島の高校生らと半年間かけ「過疎地域の高校魅力化」の提案を作成へ

2023年1月11日

Fora、鹿児島の高校生らと半年間かけ「過疎地域の高校魅力化」の提案を作成へ

Foraは10日、鹿児島県立「古仁屋高校」の生徒と、オンライン参加の全国の大学生や社会人を繋ぎながら、半年間かけて「過疎地域の高校魅力化」をテーマにした提案をまとめていくと発表した。

この取り組みは、Foraが鹿児島県大島郡瀬戸内町と連携して昨年7月にスタートさせた、「高校生による瀬戸内町の課題解決」を目指すオンライン探究スクール「瀬戸内町まちづくり研究所」で実施するもの。

同探究スクールでは、これまでForaが学校教育で培った探究学習支援の知見や、行政などとの事業コーディネートの経験、全国の大学生/大学院生、社会人のネットワークを活かして、半年間のワークショッププログラムを実施。

Foraが掲げてきた「場づくりで主体性を引き出す」をコンセプトに、同町役場や同高校とも連携しながら、放課後の課外活動を通して、同町の課題解決を推進する生徒たちを支援していく。

「瀬戸内町を盛り上げたい!」という生徒を募集して、今年は、「古仁屋高校の生徒を増やしたい!」という生徒の内発的動機を起点に、半年間かけて学校魅力化に関するアイデアを立案し、他者と関わりながら実践を目指す。

毎回の授業では、ZOOMを活用して全国の大学生とオンラインでつなぎ、適宜、大学生の取り組む研究内容やアドバイスに触れる機会を設ける。

また、探究の過程で必要な「課題設定・情報収集・整理分析・まとめ表現」の一連の過程を伝えながら、高校魅力化に向けた課題を生徒自らが設定して、試行錯誤しながら探究を進めていくことを支援する。

島内に大学のない奄美大島の高校生にとっては、大学生と一緒に多くの時間を共にすること自体が貴重な経験となり、大学生の進路選択談なども織り混ぜながら、自分なりの目的意識や動機をもって行動をしていくキャリア教育の側面も合わせて行う。

2月には、同町住人らにも、これまでの取り組みを紹介し、今後の活動などを発表する予定。

関連URL

Fora

鹿児島県瀬戸内町

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス