1. トップ
  2. データ・資料
  3. 保護者の考える乳幼児教育で重要なこと「興味を持ったことにチャレンジ」=城南進学研究社調べ=

2023年3月23日

保護者の考える乳幼児教育で重要なこと「興味を持ったことにチャレンジ」=城南進学研究社調べ=

城南進学研究社は22日、小中学校の受験を経験した子どもを持つ親を対象に「乳幼児期(0歳~3歳頃)の教育」に関する実態調査を実施した結果を公表した。

調査は昨年11月に、子どもが受験に合格した親512名、子どもが受験に不合格だった親507名の計1019名を対象に行われた。


受験に成功した家庭にその理由を複数回答で訊ねたところ、「本人に熱意があったから」43.6%が最も多く、次いで「早くから準備を始めたから」33.0%と続いた。また、受験に失敗した家庭にその理由を訊ねたところ、「本人があまり熱心ではなかったから」36.5%が最も多く、次いで「準備の時期が遅かったから」32.5%と続いた。


乳幼児期の教育が重要だと思うか訊ねたところ、8割以上が「とても/ある程度重要だと思う」と回答した。また、乳幼児期の教育で特に重要だと思うことを複数回答で質問したところ、「興味を持ったことにチャレンジさせてあげること」54.7%が最も多く、次いで「知的好奇心を刺激する環境を作ること」「勉強だけでなく遊ぶ時間もたくさん作ってあげること」と続いた。

関連URL

城南進学研究社

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス