1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 母子モ、母子手帳アプリ「母子モ」が石川県小松市で提供を開始

2023年4月5日

母子モ、母子手帳アプリ「母子モ」が石川県小松市で提供を開始

母子モは3日、同社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が石川県小松市にて本導入され、『こまつすこやかアプリ』として提供を開始すると発表した。

同市では、“~地球の真ん中「こまつ」 こまつの真ん中「子どもたち」~ 子どもたちを主役に子育て家庭を社会全体で応援し、生涯にわたり住み続けられるまち「こまつ」”を基本理念として掲げ、地域全体で子どもと子育て世帯を支援できるようさまざまな施策に取り組んでいる。

今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、520以上の自治体で導入されている『母子モ』が採用された。

同市では、妊娠を祝福して、胎児一人あたり5万円を支給する「おなかの赤ちゃん給付金」や、生後3カ月から1歳までの子どもを養育する家庭を対象に、見守り訪問と子育てに関する情報の提供に加えて、紙おむつの配達を行う「赤ちゃん紙おむつ定期便」を実施し、妊娠期から切れ目なく経済的な支援を行っている。

ほかにも、0歳から3歳未満の子どもと保護者同士が交流でき、育児相談や子育てに関する情報提供も行う「こまつ親子のつどいの広場」と「すくすくルーム」や、0歳から絵本との出会いを推進するために、子どもから大人まで誰でも利用できる「小松市立空と子ども絵本館」を設置するなど、地域みんなで子どもの健やかな成長を見守っている。今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、『母子モ』が採用された。

同小松市に採用された『こまつすこやかアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実している。

関連URL

母子モ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス