1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学生以下の子どものマスク着用率が最大16.4ポイント減少 =コールドクター調べ=

2023年5月12日

小学生以下の子どものマスク着用率が最大16.4ポイント減少 =コールドクター調べ=

コールドクターは11日、「子どものマスクの着用状況に関する調査」の結果を公表した。

調査は小学生以下の子どものいる20歳~59歳の保護者を対象に4月21日・22日に行われ、500名から回答を得た。それによると、マスクの着用が個人の判断となった3月13日以前に子どもがマスクを「常につけていた」のは、「人通りが多い街中を歩いているとき」が最も多く59.6%、次いで「屋内で買い物などをしているとき」59.2%となった。

現在のマスク着用状況については、子どもがマスクを「常につけている」のはやはり「人通りが多い街中を歩いているとき」が最も多く46.0%という結果となった。また、3月13日と現在で「常につけている」割合の増減が最も多かったのは、「学校や保育園・幼稚園などで静かにしているとき」で16.4ポイントの減少となった。

保護者の現在のマスクの着用状況を訊ねたところ、「いつもつけている」が37.6%で最も多く、「多くの場面でつけている」と合わせると7割近くの人がマスクを着用している場面の多いことが分かった。また、「人通りが多い街中を歩いているとき」についてピックアップしてみると、いつもマスクをつけている保護者の子どもは「常につけている」割合が65.4%であったのに対し、マスクをつけることのない親の子どもは5.6%と10倍以上の差が見られた。

関連URL

コールドクター

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス