1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院、人型ロボット「Pepper」を使った小学生向け「AI授業」を開講

2023年7月6日

追手門学院、人型ロボット「Pepper」を使った小学生向け「AI授業」を開講

追手門学院大手前中・高校のロボットサイエンス部と追手門学院大学は、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を使った、小学生向けの「AI機械学習講座」を、7月8日に開講する。

同講座は、地域の小学生11人を対象に、同大総持寺キャンパスで開催。ロボットサイエンス部の生徒らが、あらかじめ「教師役」のプログラムを組み込んだ「Pepper」がプログラミング授業を行い、同大の学生がサポートにつく。

授業のテーマは「AI技術の核となる機械学習について学ぶ」で、ジャンケンのグー・チョキ・パーの画像データを集めて、機械学習ツールに読み込ませる体験をする。

また、犬と猫の画像データの読み込みも行い、犬と猫の違いをどのようにしてAIに学習させるか、「Pepper」の進行に合わせて意見交換をする予定。

【講座の概要】
開講日時:7月8日(土)10:00~11:40
開講場所:追手門学院大学・総持寺キャンパス5階会議室[大阪府茨木市太田東芝町1−1]
参加者:地域の小学生11人
講師:
・Pepper1体(講師役)
・追手門学院大手前中・高ロボットサイエンス部3人(講師サポート役)
・追手門学院大学経営学部の学生11人(小学生サポート役)

詳細

関連URL

追手門学院

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス