1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 大日本印刷、相模原市での「デジタル教科書を活用した共同研究」の成果を発表

2024年1月31日

大日本印刷、相模原市での「デジタル教科書を活用した共同研究」の成果を発表

大日本印刷(DNP)は30日、相模原市教育委員会、ネットワンシステムズ、光村図書出版、放送大学学園の4者と共同で実施した、相模原市でのデジタル教科書を活用した共同研究事業の研究成果を発表した。

DNPとこれら4者は、2022年4月~2023年3月まで、授業中のデジタル教科書の成果物・テスト結果などのデータを使った指導と評価に関する授業実践の共同研究を実施。デジタル教科書を活用した授業方法を開発して、相模原市の小・中学校で実証を行った。

今回の共同研究の目的は、デジタル教科書や、授業支援ツールなどを使った授業を通じた、教員の授業・指導方法の開発や評価改善。また、収集した学習履歴データの活用や児童生徒の主体的に学習に取り組む態度の育成につなげることも目的にした。

その結果、デジタル教科書を活用した授業では、児童生徒の主体的な活動時間と対話を行う活動時間が確保されたことが明らかになった。

黒板の内容をノートに書き取る時間が減ることで、授業中の児童生徒の思考時間が増加。考えをデジタル教科書や授業支援ツール上で整理できる時間も生まれ、その結果、互いの意見を交流させる活動が活性化した。

また、デジタル教科書や「マイ黒板」(本文抜き出し機能)への書き込みが、デジタルデータとして残ることで、個人の学びの過程が可視化。この書き込みや「振り返りシート」を学習成果物と捉え、それらをデータとして蓄積・可視化することで、児童生徒が自ら学習を分析して、自己調整する能力の育成につながる。

実証授業に参加した同市の相武台中学校の生徒(回答31人)のデジタル教科書への評価は高く、87%の生徒から「学習に取り組みやすくなった」との回答が寄せられた。

DNPでは、同市をはじめとした複数の自治体で、2023年度も学習データの活用に関連する共同研究を行っており、これらの実証の成果をもとに、教員や児童生徒が学習データを活用できるシステムの開発を行い、2024年度内の本格的なサービス化を目指している。

関連URL

「共同研究成果」

光村図書出版

ネットワンシステムズ

大日本印刷

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス