1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大学データサイエンス学部、文京学院大と生成アルゴリズムで「江戸小紋」開発

2024年6月4日

武蔵野大学データサイエンス学部、文京学院大と生成アルゴリズムで「江戸小紋」開発

武蔵野大学は5月31日、同大学データサイエンス学部と文京学院大学経営学部川越ゼミ共同研究が、生成アルゴリズムによる新作「江戸小紋」図案開発・新商品発表を5月29日に実施したことを発表した。

同大学データサイエンス学部の中西 崇文准教授、岡田 龍太郎助教と、文京学院大学経営学部川越ゼミと共同で、伝統工芸品の中でも専業の図案家が1人しかいない「錐彫り(きりぼり)」技術の継承と図案の新作誕生が難しい「江戸小紋」に着目し、生成アルゴリズムによる伝統工芸産業発展の共同研究を2021年より取り組んできた。

今回、これまで人間が微調整を重ねて構成していた「江戸小紋」の柄(モチーフ)の配置を独自に調整したアルゴリズムを活用して生成し、制作実現に成功。

同研究では柄(モチーフ)をランダムに大量に落下させるシミュレーションを用いることで、実際の江戸小紋に近いデザインを実現することが可能になった。

江戸小紋に新しいアイデアを提供することに加え、デザイン支援システムとして伝統産業の分業を補完し、着物市場を活性化することを目指すという。

関連URL

文京学院大学マーケティング・デザイン学科

武蔵野大学データサイエンス学部

武蔵野大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス