1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 第5回全国高等学校AIアスリート選手権大会「シンギュラリティバトルクエスト2024」開催

2024年6月18日

第5回全国高等学校AIアスリート選手権大会「シンギュラリティバトルクエスト2024」開催

未来キッズコンテンツ総合研究所は13日、全国の高校生を対象とした第5回AIアスリート選手権大会「シンギュラリティバトルクエスト2024」を開催すると発表した。


本大会は、パソコン部や情報処理部、ロボコン部やeスポーツ部など、コンピュータを駆使して活動するギーク系部活の高校生が、これから求められる最先端のAI/ICTに関する知識やスキルを学び、7種目の競技にチームで参加し全国の頂点を目指す、国内においては先駆けともなる競技大会で、2019年の第0回大会から今年で6回目の開催となる。

今年度の新たな取り組みの目玉として、ソフトバンクロボティクスが2018年から開催してきた、子どもたちがロボットやAIを活用してSDGsの社会課題に取り組む教育プロジェク「STREAMチャレンジ」を同大会の新部門として開催することが決定。国内で子どもたちのAI、ロボット、ICT分野の学びの機会提供を先進的にリードしてきた二大大会が強くタッグを組むことで、全国各地で新たにAI、ロボット、ICTの学習に取り組む学生を増やしていくことを目的とする。

そのために、AIやChatGPTには興味があるけど「パソコンは持っていない」または「プログラミングは苦手」という初学者を対象に、AIや生成AIについて「0」から学べる超基礎講座を提供開始する。超基礎講座は、「AIチャレンジ(提供:ソフトバン)」と「生成AIブースター(提供:Willbooster)」の2つのプログラムを用意し、「大会参加はハードルが高いけど、基礎だけ学んでみたい!」という人が気軽にAIやICTの知識に触れ、興味・関心を広げられるよう、オンラインでいつでもどこでも、そして完全無料で提供する。また同講座の対象は、生徒だけに限定せず、教職員や保護者等の受講も可能。

開催概要

大会名称:第5回全国高等学校AIアスリート選手権大会「シンギュラリティバトルクエスト2024 」
開催形式:完全オンライン
参加費:無料
参加資格:日本に在住する18歳以下の高校生(*一部競技を除く)
応募方法:大会公式HP で受付
実施競技<スケジュール>:ホモデウス世代のへプタスロン(近代7競技)
【AQ】AIクエスト:AIじゃんけん
【CQ】サイバークエスト:CTF(Capture the flag)
【DQ】データクエスト:EBPM(Evidence Based Policy Making)
【RQ】ロボクエスト:ロボットカー迷路探索レース
【XQ】Xクエスト:AIファンタン(七並べ)
<スケジュール>
・大会登録締切:9月10日(火)12時まで
・地区予選9月15日(日) *予備日 9月14日(土)
・二次選考10月1日(火)~10月31日(木)まで
・決勝大会2025年1月18日(土)・19日(日)

【SC】STREAMチャレンジ  AI部門
<スケジュール>
・エントリー期間:7月2日(火)から12月6日(金)
・提出締切:12月6日(金)
・結果発表・表彰:2025年1月18日(土)

【SC】STREAMチャレンジ  Pepper部門
<スケジュールA. Pepperの利用者でエントリーする場合>
・エントリー期間:7月2日(火)から11月29日(金)
・プロジェクト提出締切:11月29日(金)
・結果発表・表彰:2025年1月19日(日)

<スケジュールB. Pepperの非利用者でエントリーする場合>
・エントリー期間:7月2日(火)から7月31日(水) ※
・一次選考:8月9日(金)
・プロジェクト提出締切:11月29日(金)
・結果発表・表彰:2025年1月19日(日)
*一次選考を設けるため、7月下旬までにエントリー。
一次選考を通過した10チームには、9月上旬にPepperを貸出す。

公式ホームページ

関連URL

未来キッズコンテンツ総合研究所

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス