1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 青少年科学技術振興会、STEAM教育チャリティープログラム「FLL学校チャレンジ」参加校募集

2024年7月9日

青少年科学技術振興会、STEAM教育チャリティープログラム「FLL学校チャレンジ」参加校募集

⻘少年科学技術振興会FIRST Japanは5日、日本の小中高でのSTEAM教育の普及を目的に2024年度の「FLL学校チャレンジ」を実施すると発表した。

米国の教育NPO団体FIRSTとデンマークのレゴ社が共同で運営し、世界110カ国で開催されるSTEAM 教育プログラム/ロボット競技会「ファースト・レゴリーグ(FLL)」への参加を通じて、STEAM教育に取り組む小中高を全国から募集する。

参加する学校にはレゴ社のロボットキットやFLLセットの無償提供、教員向け講習会の実施など、予算・教材・指導者不足の学校でも、STEAM教育に取り組める学習環境を複数年にわたり提供する。

2024年度の大会テーマは「海洋探査」。海洋にはまだ多くの謎があり、表面下には複雑な生態系が存在し、多くの生命が息づき、探査と学習の可能性が秘められている。

2024-2025シーズン、「FIRST DIVESM 」では、チームはSTEMと協力のスキルを駆使して海洋の生態系を探査する。8月6日に大会の詳細ルールが世界で同時に発表され2024シーズンが始まる。日本では12月に予選大会、翌年2月に全国大会が開催され、さらに世界数カ所で世界大会も予定されている。

FLL学校チャレンジ募集要項

募集対象:全国の小中高等学校(国公私立問わず)
採択数:FLL Challenge(小学4年〜高校1年)6校、FLL Explore(小学1年〜小学3年)4校
募集期間:6月29日(土)〜7月31日(水)
採択方法:書類選考。応募多数の場合は抽選
採択校発表:8月2日(金)
説明会:7月20日(土)13:30〜14:30

オンライン説明会申込

申込フォーム

詳細

関連URL

FLL学校チャレンジ参加校一覧

FIRST Japan

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス