1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフト/横浜市の高校で人材育成・ICT教育指導の連携拡大

2013年7月30日

日本マイクロソフト/横浜市の高校で人材育成・ICT教育指導の連携拡大

日本マイクロソフトは29日、横浜市立高校への人材育成支援の拡充と、女性の多様な働き方支援、オープンデータの活用推進などを目指して、横浜市・横浜市教育委員会との連携を拡大すると発表した。

連携内容は、まず第1に、将来を担う科学者などの人材育成支援として、日本マイクロソフトが実施してきた、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校(YSFH)の人材育成やICTを活用した先進的な教育環境づくりと指導助言を、他の市立高校へも提供する。

同時に、日本マイクロソフトがYSFH向けに実施しているWindows 8 アプリ開発ワークショップ、プログラミング講座を他の横浜市立高校に対しても実施する。

また、新しくICTの活用による女性の多様な働き方の支援を実施。これは、イベントの開催・運営などの協力を通して女性起業家の育成を支援。就労が困難な女性を対象とした ICTスキルトレーニングの実施についてNPOなどと連携し、教材を提供する。横浜市のテレワーク施策に対して、自社の取り組みや海外事例などのノウハウを提供するなど。

市内経済の活性化策は、オープンデータの活用推進。ソフトウェア開発製品などの無償提供プログラム「Microsoft BizSpark」を横浜市内の企業に提供し、オープンデータを活用したアプリ開発の環境構築を支援する。アイデアソン、ハッカソンなどオープンデータの利活用を促進するイベント開催を支援する。オープンデータに関する海外の先進的な事例やノウハウを横浜市に提供するなど。

日本マイクロソフトと、横浜市・横浜市教育委員会は2010年6月に、 YSFHの人材育成やICTを活用した先進的な教育環境づくりを目指した連携協定を締結している。

関連URL

詳細

問い合わせ先

日本マイクロソフト

 

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21