1. トップ
  2. データ・資料
  3. GfK/3割の家庭で子どもがPC、タブレット、スマホをほぼ毎日使用

2014年3月3日

GfK/3割の家庭で子どもがPC、タブレット、スマホをほぼ毎日使用

ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン(GfK)は2月28日、子どものライフスタイルや玩具の購買行動、キャラクター玩具やグッズへの意識、デジタル機器との関わり方等に関するインターネット調査を実施し、調査結果を発表した。

子どものデジタル機器利用頻度

これによると、購入玩具を選んだ理由として、「好きなキャラクターのおもちゃだから」という回答が半数を占めた。

母親が玩具購入時に参考にする情報としては、「実際の商品」や「インターネットショッピングサイト」等を上回り、「子どもの話」が最も多く、子ども主体でおもちゃ選びが進められている様子がうかがえた。

子どもとデジタル機器との関わりについての調査として、デジタル機器を所有している家庭に、子どもがパソコン、タブレット端末、スマートフォンをどれくらいの頻度で利用しているかを質問したところ、「ほぼ毎日」と回答した家庭が約3割に上り、ゲーム機(据え置き型、ポータブル)を上回った。

利用用途については、パソコンの場合「インターネットサイトを閲覧する」が最も多く、タブレット端末・スマートフォンでは「無料のアプリやソフトでゲームをする」が多く挙げられた。

調査概要

期 間:2013年11月7日~2013年11月15日
方 法:インターネット調査(子供どもの意見は母親の代理回答によって聴取)
回答者:日本在住の20歳から49歳の女性のうち、年齢が4歳から9歳の長子を持つ母親
サンプル数:1200サンプル(長子年齢と性別による割付を実施)

問い合わせ先

GfK
jp@gfk.com

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21