1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省/高校での対話型・協働型教育の普及を提言

2014年4月7日

文科省/高校での対話型・協働型教育の普及を提言

文部科学省は3日、「初等中等教育分科会高等学校教育部会」で審議してきた、高校教育の質の向上に関する内容をまとめ、発表した。

まとめでは、高校教育をめぐる現状とこれまでの取組、質の確保・向上に関する課題や考え方、施策を紹介。

その中で、ICT教育の推進について、情報化する社会への対応、遠隔地での先進的な教育の実施、特別な支援が必要な生徒へのきめ細かな対応といった観点から、ICTやメディアを授業で活用することが必要だと述べている。

また、対話型、協働型、遠隔教育の普及や実施について検討する必要がある提言している。

関連URL

初等中等教育分科会高等学校教育部会 審議まとめ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録