1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省/フューチャースクールの成果をもとにICT利活用のガイドライン策定

2014年4月16日

総務省/フューチャースクールの成果をもとにICT利活用のガイドライン策定

総務省は15日、「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン(手引書)2014(中学校・特別支援学校版)」を発表した。

ガイドライン 表紙

ガイドラインは、2010年度から2013年度にわたり、中学校8校、特別支援学校2校などを対象に実施した「フューチャースクール推進事業」の実証事例をふまえ、ICT環境の構築、運用、活用のポイントや留意点をまとめたもの。

中学校や特別支援学校へ、ICT環境を導入する際に必要な作業や留意点のほか、タブレット端末、電子黒板などのICT機器、ネットワーク環境に求められる技術的要件についても解説。特に、無線LANについては、基礎知識から、技術的要件、具体的な事例まで掲載し、内容を充実させている。

中学校、特別支援学校、それぞれでの特徴的な活用方法や、ICT環境を災害時に活用する取り組み、実証校の事例も紹介。

さらに、実証授業のまとめとして、教員や生徒へのアンケート結果などを掲載している。

2013年度に、実証校8校で実際されたICTを活用した授業数は約1万7000件で、教科別にみると、外国語が全体の約23%と最も多く、数学、理科、社会、国語と続いた。学年別では、1学年での実施が最も多かったという。

中学校の教員へのアンケートでは、3年の間にICT活用指導力の自己評価が、「授業中にICTを活用して指導する能力」「生徒のICT活用を指導する能力」など全項目で向上。また、中学校の生徒へのアンケートでも、「学習活動の質」「学習への意欲」など6つの因子全てを高く評価する結果となった。

関連URL

ガイドライン

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21