1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ビナヤマト/一人ひとりに最適な学習を提供するクラウドサービスの早期導入プログラム

2014年12月26日

ビナヤマト/一人ひとりに最適な学習を提供するクラウドサービスの早期導入プログラム

ビナヤマトは25日、ビッグデータを活用し、一人ひとりに最適な学習を提供するクラウドサービス「EduCross+(エデュクロスプラス)」の早期導入プログラムの提供を開始した。

EduCross+

「EduCross+」は、教育系出版社・通信教育事業者が作成した、テストや問題集、動画、音声、Officeドキュメントなどのデジタルコンテンツから教材集を作成し、配信するサービス。

マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure Machine Learning」を活用し、学習進捗データ、習熟度データなどのビッグデータをもとに、学習者一人ひとりにあった効果的な演習問題の出題などが行える。

教材集はタブレットへ同期配信し、オフラインでも利用が可能。教材集は暗号化されるため、データが外部に流失した場合でも解読できないようになっている。

教材集を販売するためのストアをWebに公開し、販売することも可能。

本格的なサービスの提供は2015年3月から開始する。

関連URL

EduCross

ビナヤマト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録