1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 大阪府池田市、全小中学校に「Pepper」導入

2017年2月16日

大阪府池田市、全小中学校に「Pepper」導入

大阪府池田市は、市内全小中学校にソフトバンクグループの人型ロボット「Pepper」を導入することを決定したと発表した。同市は、「Pepper」をプログラミング教育に活用していく。

DSC_0149

「Pepper」

ソフトバンクグループは、「Pepper」をプログラミング教育や社会貢献に利用したい自治体や非営利団体に、3年間無償で貸し出す「Pepper社会貢献プログラム・スクールチャレンジ」を実施している。

池田市は、同プログラムに参加。ソフトバンクグループから「Pepper」100体を借り、2017年度から全市立小中学校に配置する。「Pepper」を小中学校でのプログラミング学習や、コミュニケーションのツールとして活用し、児童生徒の論理的思考力の育成や、問題解決力、創造力の育成を図る。

1月に、先行実施校として市立石橋小学校に「Pepper」6台を導入している。

関連URL

大阪府池田市

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21