1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NTTアイティ、ICT授業支援ツール「サイバー先生Ver5.1」を販売

2017年2月16日

NTTアイティ、ICT授業支援ツール「サイバー先生Ver5.1」を販売

NTTアイティは、ICT授業支援ツール「サイバー先生Ver5.1」を15日から販売開始した。

番号順によるグループ分けとランダム順によるグループ分け

番号順によるグループ分けとランダム順によるグループ分け

「サイバー先生Ver5.1」は、これまでのシンプルな操作性を維持したまま、ICTを使ったアクティブ・ラーニングに必要な機能を厳選したより実践的なツール。

アクティブ・ラーニングで重要な手段としてグループワークがある。その手順は大きく分けてグループ分け、グループ内での情報共有、グループ発表の3つだが、「サイバー先生Ver5.1」はこれらの各プロセスを簡単かつ効率よく実践することができるという。

グループ分けでは、教師が「番号順」または「ランダム順」を選択すると、瞬時に児童・生徒がグループ分けされるので、グループワークの時間を有効に使うことができる。

グループ内での情報共有では、児童・生徒の各タブレット画面がグループ内のメンバーに共有される。メンバーがタブレット上に手描きした編集画面は、同じグループの他のメンバーのタブレット画面にリアルタイムに反映されるため、グループのメンバー全員で編集する内容を確認しながら、資料の作成や話し合いを効率よく行うことができる。

グループ発表では、グループワークで作成した手描き編集画面を教師が一括回収して一覧表示することができる。各グループの代表は、この画面を表示して発表を行うことができる。

また「サイバー先生Ver5.1」は、選択問題(アンケート)機能により、問題作成、問題配布、回答回収、回答集計を簡単かつ素早く行うことができる。

回答結果はリアルタイムに表示。教師はその場で回答内容を把握できるため、理解度に応じた授業内容の変更が可能だ。

関連URL

サイバー先生Ver5.1

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス