1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「インターネット白書2017」全国の一般書店で販売開始

2017年2月20日

「インターネット白書2017」全国の一般書店で販売開始

インプレスR&Dは、「インターネット白書2017 (IoTが生み出す新たなリアルな市場)」を全国の書店で17日から販売開始した。価格は2800円 (税別)。

インターネット白書2017

インターネット白書2017

「インターネット白書」は、あらゆる分野にイノベーションを起こすインターネットの最新動向を、各分野の専門家の寄稿と統計資料で報告する年鑑。インターネット協会、日本ネットワークインフォメーションセンター、日本レジストリサービスの協力のもとに1996年から発行されている。最新刊の 「インターネット白書2017」には36人の専門家が技術・社会・ビジネスの観点から寄稿。また、同書は次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使って出版されている。

巻頭カラーでは「10大キーワードで読む2017年のインターネット」と題して、IoT、LPWA、ブロックチェーン、ゼロレーティング、VR、AI、官民データ活用、災害とインターネット、サイバーセキュリティ、インターネットガバナンスの各ポイントに注目して、今年の動向を読み解いている。

関連URL

インターネット協会 (IAjapan)

日本ネットワークインフォメーションセンター (JPNIC)

日本レジストリサービス (JPRS)

インプレスR&D

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録