1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 東京国立博物館ほか/ARや測位技術を使った博物館ガイド用アプリの iOS版公開

2013年9月30日

東京国立博物館ほか/ARや測位技術を使った博物館ガイド用アプリの iOS版公開

東京国立博物館、電通国際情報サービス、クウジットは26日、「トーハクなび共同研究プロジェクト」の一環として、現在公開中の博物館ガイドアプリ「トーハクなび(Android版)」に加え、「トーハクなび(iOS Lite版)」アプリ(日本語、英語に対応)を公開した。

トーハクなび(iOS Lite版)

「トーハクなび(iOS Lite版)」では、東京国立博物館の総合文化展を鑑賞するために、2つのコースガイドを収録。

来館者は興味に合わせ、「建物めぐりコース(30分)」、「本館2階 日本美術の流れコース(30分)」を選択。スタンプラリーも楽しめる。

また、「本館2階 日本美術の流れコース」では、蒔絵の制作工程を擬似体験したり、屏風の表裏を回転させて鑑賞したりできる体験型コンテンツを3本収録。

スタンプラリーでは、指定の3カ所(本館前、東洋館前、法隆寺宝物館前)をまわると、自動でデジタルスタンプを取得。3つ集めると「トーハクなび」オリジナルのノベルティがプレゼントされる。

日本語と英語の2カ国語に対応。端末の言語環境に応じていずれかが自動で設定され、ユーザーが設定を変更することも可能。

「トーハクなび」は、東京国立博物館 総合文化展をめぐる見学コースを紹介するアプリ。2012年4月にAndroid版を公開し、2013年1月にはAR(拡張現実感)技術や高精度屋内測位技術を使ったガイドコースを追加した。

関連URL

「トーハクなび(iOS Lite版)」App Store

問い合わせ先

東京国立博物館
電 話:03-5777-8600

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス