1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 立命館小学校とMSJ/Surface1人1台使ったICT授業づくりで協働

2013年11月6日

立命館小学校とMSJ/Surface1人1台使ったICT授業づくりで協働

立命館小学校と日本マイクロソフト(MSJ)は5日、マイクロソフト製タブレットSurfaceを1人1台使用したICT授業づくりを協働で展開すると発表した。

立命館小学校の教室

立命館小学校では11月から、4・5年生240人にSurfaceを1人1台個人購入で導入した。Surfaceを個人単位で1人1台導入するのは、国内の小中学校ではじめてのこと。

MSJ本社での会見

今回の経緯について立命館小学校の浮田恭子校長は「立命館小学校では開校以来、基礎・基本の徹底反復、そして創造的な人材を育成するためにICT教育についても積極的に展開してきた。全教室に電子黒板を設置、ものづくりにICTとアイデアを加えたロボテックス科、任天堂DSを使った授業など多彩なICT教育を行ってきた。こうした取り組みを踏まえ早い段階で1人1台の実現を目指して、日本マイクロソフトと協働でICT 教育に取り組むことにした」と語った。

MSJ樋口泰行社長(左)、浮田校長、陰山教授(右)

Surfaceを選択した理由について校長顧問で立命館大学教育開発推進機構の陰山英男教授は、「SurfaceがMicrosoft Officeを搭載していること」「キーボードやマウスなど、多様な文字入力の形態が可能なこと」「パワーポイントなどこれまでのデジタル教材が利用できること」「薄くて軽くて持ち運びに便利なこと」などをあげた。

具体的な活用方法については、ローマ字を習得し終わった4年生からタッチタイピングの練習を行い、Wordを活用した作文・英作文の作成、PowerPointを活用したプレゼンテーション技能の習得、Excelを活用したデータ処理等のスキルを学ぶという。

「Surface」

日本マイクロソフトでは今後、学習者向けの端末配備支援や教師のスキルアップサポート、小学生のMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)資格取得支援、社員によるプレゼンテーション講習や校内プレゼンテーションコンテストの実施などの支援活動を展開するとしている。

Surfaceの購入価格については明らかにしなかった。

関連URL

立命館小学校
日本マイクロソフト 「Surface」

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
GIGAスクール向け 授業のICTサポートに特化したプランをご提供 Rakuten Communications 詳細はこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス