1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NEC/学校の情報発信・共有支援サービスの販売開始

2013年11月15日

NEC/学校の情報発信・共有支援サービスの販売開始

NECは14日、「学校コミュニティプラットフォームサービス」の販売を開始すると発表した。提供開始時期は、2014年1月を予定している。

学校コミュニティプラットフォームサービス

学校のホームページを簡易に作成・運用できるツール(CMS)や、教員と児童・生徒、学校と地域のコミュニケーションを活性化するためのソーシャルネットワークサービス(SNS)など、学校の情報発信・共有を支援する機能をクラウド型で提供する。

CMSには、ホームページ作成機能のほかに、学校を防災拠点として活用するための機能を装備。ホームページは、平常時は避難所や学校の蓄電池の整備・使用状況などの情報を、非常時には避難経路や被災状況、備蓄品状況などの情報を発信し、防災サイトとして活用できる。

SNSは、クラスや学年単位で交流でき、教員はクラスや学年ごとの関心事や友人同士の問題などの把握が可能。また、保護者に加えて、地域住民も利用できるため、地域住民による学校教育への参加を促進する。

タブレット端末を利用した健康管理や、個人日記、アンケート収集などの機能があり、教員の児童・生徒へのよりきめ細かい対応や指導力の強化を支援する。

関連URL

NEC初等中等ソリューション

問い合わせ先

NEC

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス