1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日立/明るい場所でも見やすいプロジェクター向け映像処理技術

2014年2月7日

日立/明るい場所でも見やすいプロジェクター向け映像処理技術

日立製作所は5日、外光が射し込む明るい場所でも高い視認性が得られるプロジェクターの実現に向けて、高精細映像を毎秒60フレームでリアルタイム処理する映像処理技術を開発した。

表示する映像信号を人の視覚特性に基づいて分析し、映像を視認するために重要な成分を抽出・強調することで、視認性を高めた映像表示を実現する技術。

これによって、プロジェクターの映像出力(光源の輝度)を上げることなく、見やすい映像を表示することができる。

また、さまざまな製品への搭載に向け、実装するハードウェアの構造に合わせて処理アルゴリズムを最適化し、小型のハードウェアで高精細映像のリアルタイム処理を実現した。

プロジェクターはもちろん、車載モニター、監視モニターなどの映像を見やすくすることも可能になり、広範囲な分野への活用が期待できるとしている。

問い合わせ先

日立マクセル

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス