1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日立/明るい場所でも見やすいプロジェクター向け映像処理技術

2014年2月7日

日立/明るい場所でも見やすいプロジェクター向け映像処理技術

日立製作所は5日、外光が射し込む明るい場所でも高い視認性が得られるプロジェクターの実現に向けて、高精細映像を毎秒60フレームでリアルタイム処理する映像処理技術を開発した。

表示する映像信号を人の視覚特性に基づいて分析し、映像を視認するために重要な成分を抽出・強調することで、視認性を高めた映像表示を実現する技術。

これによって、プロジェクターの映像出力(光源の輝度)を上げることなく、見やすい映像を表示することができる。

また、さまざまな製品への搭載に向け、実装するハードウェアの構造に合わせて処理アルゴリズムを最適化し、小型のハードウェアで高精細映像のリアルタイム処理を実現した。

プロジェクターはもちろん、車載モニター、監視モニターなどの映像を見やすくすることも可能になり、広範囲な分野への活用が期待できるとしている。

問い合わせ先

日立マクセル

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス