1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. リコー/ビジネスアプリのアイデアや開発技術を競うコンテスト

2014年5月1日

リコー/ビジネスアプリのアイデアや開発技術を競うコンテスト

リコーは4月30日、大学生・大学院生を対象に、指定のリコー製品をひとつ以上使ってビジネスアプリケーションのアイデアと、その実装までを含めた開発技術を競う、第7 回「RICOH&Java Developer Challenge Plus (デベロッパーチャレンジ・プラス)」の参加者を募集すると発表した。

第7 回「RICOH&Java Developer Challenge Plus (デベロッパーチャレンジ・プラス)」

募集期間は6月8日まで。

2008 年度以来、延べ156 チームが参加したコンテストで、今回から、開発技術を競う「プログラミングチャレンジ」コースに加え、「アイデアチャレンジ」コースを新設した。

「プログラミングチャレンジ」コースは、リコー製品を使ったビジネスアプリケーションを、半年以上をかけて開発するもの。

一次選考(10月)の課題として、エミュレータ等を使って開発したプログラムとレポート、システムを紹介する動画を提出し、一次選考を通過したチームには実機を貸出し、最終選考(12 月)に向けてプログラミングを行う。

審査は「技術」と「マーケティング」の両面で行われ、システムデザイン、プログラミングスキル、完成度、技術文書の品質などに加えて、コンセプト、操作性も重要な要素となる。

最終選考会では、実機でのデモンストレーション、プレゼンテーションも評価の対象となる。

「アイデアチャレンジ」コースは、リコーの製品を使って社会の課題を解決するような、学生ならではの独創的アイデアや感動的な価値の提案にチームで取り組むもの。

実際に開発を行わないため、プログラミング経験がない学生でも参加可能。

審査では、独創性、顧客価値のほか、いかに提案内容をわかりやすく伝えられたかといったプレゼンテーションも重要になる。

関連URL

「RICOH & JavaTM Developer Challenge Plus」サイト

問い合わせ先

リコー 「RICOH & Java Developer Challenge Plus」事務局
devchallenge@nts.ricoh.co.jp

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス