1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 先生のための《初級ICT教育講座》 第2弾は「ロイロノート・スクールって何?」

2014年8月1日

先生のための《初級ICT教育講座》 第2弾は「ロイロノート・スクールって何?」

先生のための《初級ICT講座》をはじめました。

先日ニュースでもお伝えしましたが、文科省が発表したOECDの調査結果で、中学校の教員で授業や学級活動にICTを活用しているのは、わずかに9.9%。OECDの平均37.5%を大幅に下回って、ダントツの最下位でした。

これまでも現場の声などで、ICTに興味のある先生は3割、実際に使っているのは1割などと言われていましたが、調査結果で明らかになった形です。

使いこなすのはともかく、少しでもICT教育に興味をもってもらい、 お役に立てればと企画しました。

第2弾は 「ロイロノート・スクールって何?」です。
1人1台タブレットが実現した教室で期待される、「協働学習」や「個別学習」、そしてプレゼンテーション。そうしたタブレット利用の根幹を支えるのが、編集・プレゼンテーションアプリです。
ロイロノート・スクールがなぜ教育現場で使われるのか、LoiLoの杉山浩二さんに教えて頂きます。

■先生のための《初級ICT教育講座》Vol.2 ロイロノート・スクールって何?

■先生のための《初級ICT教育講座》Vol.1  教育現場でiPadが選ばれる5つの理由

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス