1. トップ
  2. ツール・教材
  3. シュビキ/定額制ライブラリ型eラーニングサービスを強化

2014年9月10日

シュビキ/定額制ライブラリ型eラーニングサービスを強化

シュビキは9日、定額制ライブラリ型のeラーニングサービス「BISCUE LS(ビスキュー・エルエス)」を強化し、目的・業態別の推奨パッケージを設定するとともに、パッケージ価格を適用した。

「BISCUE LS」は、スマートフォン、タブレット端末、PCを使って、時間と場所を問わずに利用できるクラウド型の定額制eラーニングサービス。

ビジネススキル、ヒューマンスキル、TOEIC対策、Microsoft Office MOS対策、グローバル人材育成・多言語コースなど、シュビキが提供する約800コースから、自由にコースを選択し、ユーザが独自の研修体系を組むことができるのが特徴。

今回、高等教育機関向けのライブラリ活用など、目的・業態別に最も効果の高いと思われるコースを選定し、推奨パッケージとして設定した。これに、「100/200/300/400/500コース型」のパッケージ価格を適用し、比較的安価な料金で実効の上がるeラーニング提供ができる態勢を整えたという。

年間の利用料金は、100アカウントの場合100コース型が42万円、500コース型が111万円。500アカウントの場合、100コース型が140万円、500コース型が370万円。全て税抜価格。

コース数は2014年度中に1000コースまで拡大する計画で、推奨パッケージも更に拡張を予定している。

関連URL

BISCUE LS 概要 
BISCUE LS 利用料金 

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス