1. トップ
  2. データ・資料
  3. 警察庁/コミュニティサイトをきっかけに被害を受けた児童数、1421人に増加

2015年4月21日

警察庁/コミュニティサイトをきっかけに被害を受けた児童数、1421人に増加

警察庁は16日、2014年中の出会い系サイトとコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について、Webで公開した。

発表によると、出会い系サイトに起因する事犯の被害児童は152人(前年比7人減)で、2008年の出会い系サイト規制法の法改正以降、減少傾向にある。

また、コミュニティサイトに起因する事犯の被害児童は1421人(前年比128人増)で、2013年以降、無料通話アプリのIDを交換する掲示板をきっかけとする犯罪被害等が増えているとしている。

今後の対策として、悪質出会い系サイト事業者に対する取締り等の徹底や、禁止誘引行為等の書き込み違反者に対する取締りの継続などの出会い系サイト対策を進めるとともに、コミュニティサイト対策としては、サイト事業者の規模、提供しているサービスの態様に応じた児童被害防止を行うとしている。

関連URL

警察庁 公式サイト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス