1. トップ
  2. ツール・教材
  3. repicbook/AR機能でネイティブ英語の発音を学習できる絵本

2015年6月1日

repicbook/AR機能でネイティブ英語の発音を学習できる絵本

児童書・絵本専門出版社であるrepicbook(リピックブック)は、英単語を遊びながらAR機能でネイティブ英語の発音を学習できる「おたまちゃんとたまきちくん~うみにいこう~」を5日から、全国の主な書店やAmazonサイトで販売を開始する。

おたまちゃんとたまきちくん~うみにいこう~

絵本の良い部分を残しつつ、低年齢層の利用率が高まりつつあるモバイル機器と絵本とをコラボレーションさせることで、絵本の可能性を子供たちに提供する絵本。

無料のARブラウザアプリ「Junaio(ジュナイオ)」をインストールしたモバイル機器をページにかざすと、効果音付き読み聞かせやテーマ曲が流れ、キャラクターの3D画像が飛び出して踊るほか、絵本の中に出てくる7つの色や物の名前をネイティブの発音で英語が学べ、ゲームをしながら英単語が覚えられる学習機能がある。

定価は852円(税別)。規格サイズは、B5横サイズ、34ページ。

関連URL

App Store(ARブラウザアプリ「Junaio」ダウンロード)
Google Play(ARブラウザアプリ「Junaio」ダウンロード)

申し込み・問い合わせ先

repicbook

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 主催:関西学院高等部、Classi(株) 探求学習×ICTカンファレンス2020 ICTでより深める探求学習のデザイン 開催日2.24(月・祝)
FREE! 2020年3月26日(水) 教育委員会・教員向け Google for Education Chromebookの利用開始と学習環境構築 ハンズオンセミナー SCHOOL INNOVATION SEMINAR in TOKYO 会場:東京都品川区 大井町駅 5分 お申込みはこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス